愛猫

子猫用のキャットフード

猫は生まれてから6か月で成猫の約75の体重まで成長します。
そのあと、1歳になるまでゆっくりと成長し、成猫になります。
そのため、成長期の子猫は、たくさんのエネルギーや栄養素を必要とします。

成猫と比べて、生後2か月では、約3倍のエネルギーが、6か月で約1,3倍のエネルギーが必要です。
成猫以上に高たんぱくな食事が必要で、特に必須アミノ酸に含まれるタウリンや、
カルシウム、リンなども積極的に摂取したい成分です。

2倍ほどのエネルギー量が必要と言っても、消化器官がまだまだ弱いので、
一度に大量には、摂取することが出来ません。
一日に4回から5回に分けてキャットフードを与えましょう。

1歳を超えて成長期用のキャットフードを与えると、
肥満になってしまいますので、成猫用にかえていきましょう。
同時に、食事の回数を徐々に朝晩2回に減らしていきましょう。 また年齢別のキャットフードhttp://www.smallbama.com/nen.htmlを選ぶのがベストでしょう。


このようなキャットフードですが、安全なキャットフードを選びたいものです。
AAFCO、アメリカ飼料検査官協会や、IFOAMの認証を受けたものが安心して使えます。
特に、IFOAMは、オーガニック協会でとても厳しい審査基準があります。
KRAVという協会もIFOAM基準で作られているので、安心して使うことが出来ます。

特に、賞味期限の長いものは、添加物がたくさん含まれています。
賞味期限の短いものがおすすめです。
一度封を開けてしまうと風味も損なってしまいますし、匂いもついてしまうので、買いだめせずに、
少しずつこまめに買い足す方法がおすすめです。

特に、プロビレングリコールという成分が含まれるキャットフードはおすすめできません。
猫の赤血球に異常が見られることがあり、キャットフードには好ましくない。
と言われています。

輸入されたものでは、エトキシキンに注意しましょう。
この成分は、日本では、食品添加物、農薬として使用することが禁止されていますが、
アメリカイギリスでは、一般的に使われています。
このように各国差のあるものもありますので、気を付けてみてみてくださいね。
キャットフードにはいろいろと種類がありますが、それはドッグフードも同じです。
犬も飼われている方は、こちらのドッグフードの種類も参考にしてください。

Menu