愛猫

毛玉が気になる猫用

特に皮膚に問題を抱えている猫に多いのが、長毛の純血統種です。
皮膚に異常が見られる猫は、根治には食事療法が効果的なものもあります。
まずは、獣医さんに診せて、診断を仰ぐ必要がありますが、
再発しないためにも食事療法は、効果を発揮してくれます。

まずは、炎症を起こしている箇所の治療(抗生物質の投与や、塗り薬など)を行い改善をめざしますが、
そのままの食事では、また再発してしまう可能性がとても高いです。
専用のキャットフードもありますので、そのようなフードを与えるのもおすすめです。

また、生肉食も効果があるといわれています。
もともと猫は、狩りをして獲物を捕まえて食事します。
ドライフード、やウェットフードなどほとんどのキャットフードが加熱加工されています。
猫本来の食事は、生肉なので、食事を生肉にしてあげるのもおすすめです。

猫用の生肉食用は市販されていませんが、手作りフードの素が市販されています。
鶏胸肉と混ぜ合わせるだけで簡単につくれますので、これもおすすめです。
また、生肉には、デトックス効果もあるので、皮膚にもいい影響がありますが、
バランスのいい食事を与えてあげるのが、一番の改善方法です。

皮膚疾患用のキャットフードを選ぶ際は、オメガ―3脂肪酸が含まれているものがおすすめです。
オメガー3脂肪酸には、皮膚の炎症を管理する働きがあります。

毛並の気になる猫ちゃん。
健康状態は優良ですか?
猫は、グルーミングして毛並みを整えますが、
体調が悪いとグルーミングしなくなるので毛並が悪くなってしまいます。

多価不飽和脂肪酸を与えると、生理的機能の働きをたかめてくれるので 、毛並もよくなります。
これは、大豆油、ひまわり油に多くふくまれていますので、キャットフードに数滴混ぜてあげてもOKです。
このような悩みのあるねこちゃんの一番の改善方法は、食事療法です。

バランスの良い食事が健康を作り、寿命も長くなります。
愛猫には、長生きしてもらいたいものですからぜひ見直してみましょう。
ロイヤルカナンのキャットフードは毛並が良くなるそうです。
ドッグフードにも毛並が良くなったりするような、様々な種類があります。
詳しいドッグフードの種類はhttp://xn--qckubrc3d4m.tk/をご覧になってみてください。

Menu