愛猫

授乳期の子猫用

子猫は生後約4週間から6週の間に離乳食を始めます。
母猫がペットフードを食べるのを見て、子猫も次第に興味を持ち始めます。

初めは、手を突っ込んでみたりして遊びますが、手についたフードをなめて次第に味を覚えます。
子猫がペットフードで遊んでいますが、興味がある証拠。
子猫用のペットフードを用意してあげましょう。

初めは、水やぬるま湯でふやかしてあげてみてください。
8週目ころには、カリカリのキャットフードが普通に食べれるようになります。
1日4から5回を目安に分けてあげましょう。
大体生後5か月ごろまで一日に4から5回与え、それ以降は徐々に回数を減らしていきます。
成猫は朝晩二回で十分です。

この子猫用のキャットフードですが、
授乳中の子猫は、すごい勢いで成長していきますので、高い栄養価を含むものがおすすめです。
また成猫に比べてたんぱく質やビタミン、ミネラル類がたくさん必要なので、総合栄養食品を選びましょう。

また、授乳中の母猫は、授乳をするためにたくさんのカロリーや栄養素を使います。
母乳で育つ子猫の為に、たくさんのカロリーを摂取する必要がありますが、2倍、3倍と食べるのは、
母猫にとっても負担になることもありますので、
高い栄養価を持つ、子猫用のキャットフードを母猫にあげてもOKです。

だんだん授乳量が減ってきますので、徐々にキャットフードも減らしてあげましょう。
生まれたばかりの子猫も、1か月ほどすれば、キャットフードを食べ始めます。
こんな小さな体で一生懸命食べている姿はとてもかわいいですよね。
でも、そのペットフードには添加物がたくさん含まれているかもしれません。

家族の一員に加わった子猫ちゃんにも「安心」「安全」な食事をさせてあげたいですよね。
最近では、オーガニックにこだわったペットフードや無添加を進めているもの。
たくさんの種類があります。
成分を見極め、安心してあげることが出来るペットフードをさがしてみてくださいね。

Menu