愛猫

肥満猫用のキャットフード

100%室内で飼われている猫の約40%が肥満といわれています。
室内では、運動不足になりやすいだけでなく、食生活も朝晩2回と定期的に与えられるために、
動かなくてもよい環境があるためです。

野生の猫は、狩りをして、獲物を捕らえる必要があります。
そして、狩りが成功した時だけ、食事をすることが出来るので、肥満にはなりません。
少しくらい太っていても可愛いし…と思っている方も多いと思いますが、
肥満は、様々な病気の原因になります。

遊んでいて、おやつあげたりしますが、子猫の場合しつけをする時におやつを上げて覚えさせるのは、
大変有効ですが、上げすぎは肥満の素になります。
おやつは一日の摂取カロリーの約20%までに抑えてあげましょう。

猫に必要なカロリーは体重1キロに対して約80kcalです。
活発な猫ちゃんならもう少し大目に、おとなしい猫ちゃんならもう少し少な目にしてあげましょう。
猫には、個体差がありますが、平均して3,2kgから4,5kgです。
6,4kgを超えると肥満と言われていますので、
5kgから6kgの間に運動や食事療法で肥満にならないようにしてあげましょう。

肥満が寿命を縮めてしまう原因になります。
猫じゃらしなどで一緒に遊んであげたり、
キャットタワーなどの運動できるスペースを作ってあげるのもおすすめです。

また、肥満が気になりだしたら、低カロリーのキャットフードに取り換えてあげるのもおすすめです。
キャットフードの量を減らしてしまうと、猫にも負担がかかります。
同じ量で低カロリーやダイエット用のキャットフードにかえて様子を見てみましょう。
この方法なら、猫も無理なくダイエットができます。

猫の体重管理は、飼い主の責任です。
きちんとした食生活をおくらせてあげるだけで、大半の肥満は防げますし、
運動不足のねこちゃんの場合は、一緒に遊んであげましょう。
運動することで、ストレス解消にもなります。
口コミで評判のキャットフードも参考にしてください。
肥満改善のためのドッグフードもあります。
詳しくはhttp://storyassistant.com/22.htmlをご覧になってみてください。

Menu