愛猫

長毛種用のキャットフード

猫の体調管理?出来ていますか?
猫は体調が悪いと毛並みに出やすいので、毎日のブラッシングついでに毛並みの状態を見てあげましょう。

毎日見ることで変化がわかりやすいです。
なぜ、体調が悪いと、毛並みが悪くなるか。
というと、グルーミングしなくなるからです。

特に口内炎などの口の病気や肝不全などの病気にかかっている時は、グルーミングしなくなります。
毛並みが悪くなってきたな。
と思ったら早めに獣医さんに診せましょう。

このことから、毛並みの状態がいい=健康状態もいい。
と考えていいでしょう
また、多価不飽和脂肪酸という成分を摂取することで、生理的機能をよくし、毛並みもよくなる。
と言われています。

特に、大豆油やひまわり油に多くふくまれていますので、キャットフードに数滴混ぜてあげるのもおすすめです。
他にも、ビタミンAが不足すると毛並みが悪くなる。と言われています。
ビタミンAが不足すると、目の病気や神経麻痺、皮膚炎の原因ともなりますので、注意してあげて下さいね。

加齢による毛並みの悪化も考えられます。
加齢により、毛のケラチン質が少なったり、皮脂の分泌が減るので毛並みの悪化につながります。
このような原因を防ぐために、長毛猫用のキャットフードをおすすめします。

猫には、短毛や長毛の種類がたくさんありますが、ご自宅の猫ちゃんに合わせて、選んであげて下さいね。
専用のキャットフードには、毛並をよくする成分が含まれているものも多く販売されています。

また、長毛種に多い、毛球症を予防することが出来ます。
毛球症になると、嘔吐や下痢を引き起こしますので、注意してあげましょう。
消化器の働きを強めるキャットフードもありますので、特に換毛期の猫ちゃんにはおすすめです。

これは、グルーミングの際に、飲み込んでしまった毛を体外に排出する働きがあります。
とくに、ヘアボールと呼ばれる、毛の塊を猫が吐くことは珍しくありませんが、
部屋もよごれてしまいますし、猫にも負担がかかるので、いいことはありません。
このようなフードで改善を目指しましょう。
キャットフードのブランドを比較してみるのもおすすめです。

Menu